山梨県JA会館 会議室・ホールのお申込みは山梨県JA会館南別館内 株式会社 協同施設


          日頃より弊社をご愛顧いただきありがとうございます。

            【貸会議室営業再開のお知らせ】



山梨県からの休業要請を受け、貸会議室を休業しておりましたが、
 5月27日より「新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」が
 遵守される施設と認められ営業を再開しております。

 

 ただし、当面の間、3密回避のため、各会議室のご利用人数(詳細の人数は、
当HP「施設の紹介」でご確認ください。)を制限させていただきます。
ご予約の際は十分ご考慮いただきますようお願い申しあげます。

 

また、「新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に沿った運営となりますので、
ご利用者様にも当ガイドラインを遵守いただくことを前提にお貸出しいたします。
何卒ご理解、ご協力いただきますよう重ねてお願い申しあげます。

 

 (ガイドラインは以下のとおりです)

 

新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン
(令和2年6月19日改訂)

 

  3密の回避                     

 

1 換気設備の設置等(「密閉」の回避)

(1)    ビル管理法(建築物における衛生的環境の確保に関する法律)の対象施設であるため、法に基づく空気環境の調整に関する基準が満たされているか確認するとともに、換気設備の清掃、整備等の維持管理を適切に行う。

(2)    貸室利用者(主催者)に対して、30分に1回、5分程度、2方向の窓、ドアを全開にするなど、定期的に喚起を行うことを周知する。

 

2 施設内の混雑の緩和(「密集」の回避)

(1)    1室の入室者数を通常時定員の半数とし、同時入室が50人以上にならないように制限する。

(2)    集客のためのイベントへの貸出は行わない。

(3)    複数の貸室の予約がある場合は、開始時間、終了時間をずらし、密集が生じないようにする。

 

3 人と人との距離の確保(「密接」の回避)

(1)   貸室利用時は、机(180cm×奥行45cm)1脚に1人掛けとすることを徹底し、机を使用しない場合には、一人あたりの専有面積を最低3㎡とする。

(2)   最低1m(マスク着用のない場合は2m)の対人距離を確保し、近距離での会話や発声を避けるよう貸室利用者(主催者)に要請する。

(3)    人と人とが対面する場合は、アクリル板などで遮蔽する。

 

 

Ⅱ 体調確認の徹底

1 体調のチェック

(1)    従業員は出勤前に検温・体調確認(発熱、風邪症状、嘔吐・下痢等の症状の有無)を行うとともに、業務開始前にも再度確認を行う。

(2)    貸室利用者(主催者)に対して、入場者が、発熱、風邪症状、嘔吐・下痢等の症状がある場合は入館しないよう呼びかけることを要請する。同時に、入館時の体調確認を行うよう併せて要請する。

 

 

 

Ⅲ 飛沫、接触感染防止対策

1 マスクの着用、手指の消毒の実施

(1)    従業員はマスクを必ず着用するとともに、入館者に対してもマスクの着用を周知する。

(2)    従業員は定期的に、利用者は入館時に、手指の消毒を実施する。(入口に消毒液を設置)

 

2 清掃・消毒の実施

(1)    不特定多数の人が接触する場所(テーブル、椅子の背もたれ、ドアノブ、電気のスイッチ、電話、蛇口、手すり、エレベーターのボタン、トイレの便座、洗浄レバー等)12回清拭消毒する。

(2)    入館者向けの館内(6階)のゴミ箱は撤去し、入館者にゴミの持ち帰りを呼びかける。残されたゴミを片付ける際に、鼻水や唾液などが付いている可能性がある場合は、マスク、手袋を着用し、ビニール袋に密閉して捨てる。回収後は石けんで手を洗う。

 

3 トイレの衛生管理の徹底

(1)    蓋を閉めて汚物を流すよう張り紙で周知する。

(2)    ハンドドライヤーは使用を停止する。

 

4 喫煙スペースのリスク軽減

(1)    喫煙スペースを屋外に設置。貸室利用者(主催者)に対して、休憩時間を長目にとる、参加者が時間差で喫煙スペースに入るなどの措置をとり、一度に利用する人数を減らし、人と人との距離を保つよう要請する。

 

5 休憩時間のリスク軽減

(1)    貸室利用者(主催者)に対して、休憩時間中の移動は最小限にとどめること、会話時も対人距離(マスク着用時最低1m、マスク着用がない場合は2m)を確保し、感染防止に努めるよう要請する。


Ⅳ その他

以上の内容について、当社ホームページに当ガイドラインの内容を掲載し利用者に周知する。

また、貸室利用者(主催者)に対して、貸出予約時に口頭、ならび利用時にチラシにて案内しガイドラインの順守を徹底する。

 

Ⅴ ガイドライン遵守の確認

ガイドラインを遵守している事を県に報告するため、各項目についてチェックリストを作成し、毎日の確認を行うと共に、県にチェックリストを定期的(週1回程度)に提出する。





HOME
施設の紹介
施設使用料金表
予約状況・申込書
会館概況・アクセス
お問い合わせ
決算概況
 
 
Copyright © 2008 株式会社協同施設 All rights reserved.
〒400-0035 山梨県甲府市飯田1丁目1-20 Tel: 055-223-3591 Fax: 055-228-5591